全てを変える。今すぐ変える。自分を変える。
  い つ も ご 覧 い た だ き、 あ り が と う ご ざ い ま す !

本 日 も、 ワ ン ク リ ッ ク 応 援 お 願 い い た し ま す m(__)m


                           ↓  ↓  ↓
                         にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
           
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日の新聞にて、英語教育を早期(小学生)から始めるべきかどうか
中学からでいいかなどのアンケートがのっていました。
多数の意見があったのですが、英語能力の取得を目的とするアンケートであるならば、
少なくともしゃべれない(わたしもですが)人の意見はあまり参考にならないと思います。
いわく『大学まで行ったのにしゃべれないので、小学生からなら、できるかもと思って』などです。

 これはまったく統計上も根拠がないし、想像や推論をもとにしたものです。
あくまで英語スキルのあるかた、、もっといえば純粋に国内教育なみで英語能力を
身につけた方の意見をすいあげるべきでしょう。

 同様のことが例えばダイエット法などでも見られます。
『30分以上の運動をしなければ有酸素運動どうこう・・・』
『科学的に・・・・』
断言します。

5分、いや1分の運動でも痩せられます。

わたしが証明です。
あれ? どこかで聞いたフレーズになってしまった。

 やはり、体験談が一番ということでしょう。30分以上の効率論ならそうかもしれませんが、
30分も運動できないから、やってもいっしょ、ではありません。
ダイエットをしていないひとに『科学的に・・・』といわれても説得力はないです。
そもそも科学自体も日進月歩なので、まさしく机上の空論なわけです。

 さて、社労士です。
○○研究所の社労士マーケティングなんとか、ありますね。
効能は、言わずもがなでしょう。

 体験談といっても個人差があるのは当然なわけで、毎日運動しても
痩せない場合もあると思います。 その場合は食事改善にもメスをいれるしかありません。

 以上、現在リバウンド中&大学まで行って英語のできない見習い社労士の意見でした。

           ☆
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
もう1つお願いです。応援クリック、まだのかたはぜひポチッと(^_^;)
    ダウン
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://meijisr.blog32.fc2.com/tb.php/116-b5d070f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。