全てを変える。今すぐ変える。自分を変える。
  い つ も ご 覧 い た だ き、 あ り が と う ご ざ い ま す !

本 日 も、 ワ ン ク リ ッ ク 応 援 お 願 い い た し ま す m(__)m


                           ↓  ↓  ↓
                         にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
           
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     スーパークールビズ。 クールビズのスーパー。

  つまりもともと世界標準からいちじるしく逸脱したビジネススタイルが、さらにその愚かさを
露呈させるスタイル。
 節電はわかるが、だらしなく周囲が暑苦しく思う装い。
 
 少なくともファッションではないし、作業着でもなく作法はもちろんない。
かといって、自由でもない。

 デニムはいいけど、穴の空いたものはダメとか。
ダメージ加工はかなり一般化しているが、さすがに穴はまずいか。
 ただ、それならポロシャツの下にランニング禁止!とかにしてほしかった。

 ネクタイは確かに暑い。
 ただジャケットは着てほしい。
 シャツは本来下着です。それでビジネスシーンはおかしいでしょう。

 そして、ネクタイなき上半身。
さびしいです。ポイント要ります。

 ポケットチーフしましょう。

 ENIMAGE1308268286318ポケットチーフ.

 見てのとおりこれは付録ですけどね。
ちなみに雑誌の宣伝ではありませんよ。もっと言えばこのカバーのスタイリングいけてません。
インナー、でか!

 わたしは普段より年中チーフしています。
前世紀はネクタイ柄と同プリントというのが鉄板でしたが、今は違う。
むしろ同じだとしつこい。×です。

 ネクタイなしスタイルでは、こういったブルー系でしかも迷彩柄ゆえ多色使いの場合、どれかの色を
インナーで合わせればいいかと。よく色を拾うといいます。

 いままでポケットチーフなんて、結婚式くらいだよなんていう貴兄でも
白色無地でリネンかシルク素材を使い回せば大丈夫です。

 え?ジャケットを着てはいけない職場?うーむ次回対策ねりましょう。

           ☆


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
もう1つお願いです。応援クリック、本日まだのかたはぜひポチッと(^_^;)
    ダウン
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
    と、勤務社労士のわたしが言っても、何の価値も説得力もありませんが。

  社会保険労務士法第1条・・・
 事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上に・・・

 ちょうど自分の社労士試験で‘発達’を‘発展’としてしまった苦い経験もあり
よく憶えています。

  ここでいう、事業とは何の、誰の事業なのか。
もちろん、顧客であることは間違いないでしょう。

 と同時に、開業社労士自身の事業とも言えると思います。
我々自身の事業を健全に発展させていかなければいけない。

 でなければ顧客へ迷惑を掛けることにつながります。

 社労士という資格ではなく事業です。


 助成金やらない or 助成金に特化しています
 給与計算やらない  or  給与計算専門です
 社会保険加入で顧問契約願います   or 社会保険、面倒なのでやりません
 年金、やりません    or 障害年金だけで食ってます
 社労士儲かりませんけど、事務組合でいけてます   or あれ、反論パターンが・・・(汗)   
 

 上記の社労士事務所、すべて存在しています。
何が王道で覇道なんていう基準はありません。

 クライアントの出現により、たくさん勉強し研究、そして顧客のためにオリジナルに加工する。
そういったケースがいやでも、でてきます。

 まず、外に動くこと。書籍、研究、その他はその後です。

 上記、自分への言葉なんですけど。

 
 
           ☆


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
もう1つお願いです。応援クリック、本日まだのかたはぜひポチッと(^_^;)
    ダウン
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
人気ブログランキングへ
     走り始めて4年なんですが~5,000km行きました~
 といっても、あくまでNikeプラスというかなりアバウトな計測機器上の話。

 いや計測機器とはいえない代物。10%ぐらいの誤差は当たり前なので、
実際には4,500ぐらいかもしれないけど。


一応、Nike+サイトDSC_0154ブログ用
はこんな感じで。

 最長記録はフルマラソンのレース時ですから、かなり誤差が(汗)
ちなみに、スピードが遅いと誤差が大きい印象です。

 ただこんな米国産のアバウト機器でも、時間は正確だ。
そう、走行時間は528時間!

 ん?大したことないか。ようわからん。
逆を言えばこんなに長時間走って、こんな距離かとなるかもです。
 まあ細かいことはいいとして、まずはひと区切りだ。


 目的地を決めないことには、成功もゴールもない。


 次の6,000kmは今年度中ということで、いくか。

           ☆


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
もう1つお願いです。応援クリック、本日まだのかたはぜひポチッと(^_^;)
    ダウン
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
人気ブログランキングへ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。