FC2ブログ
全てを変える。今すぐ変える。自分を変える。
  い つ も ご 覧 い た だ き、 あ り が と う ご ざ い ま す !

本 日 も、 ワ ン ク リ ッ ク 応 援 お 願 い い た し ま す m(__)m


                           ↓  ↓  ↓
                         にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
           
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世の中には多種多様の名刺が存在している。
 いまさら、「名刺?中身で勝負だよ!」なんていうのは時代錯誤であろうし、
以前のわたしの記事でも書いたが、重要な営業ツールになる機会もあると思う。

 ただ、どんなに個性的で印象に残る名刺であっても、通常名刺を相手方にお渡しする場合はまず、名刺ケースを見せていることを意識したほうがいいと思います。
 第一印象 → 名刺ケース → 名刺 の順番です。

 通常の名刺の受け渡しルールでいくと、自分自身の名刺を取りだし、なおかつお相手様の名刺の受け皿となる機能が名刺ケースにはあります。 
 さらに複数の名刺を連続して頂戴する場合などは、一時的に先の名刺を挟み込んでおく機能も必要となる。そうなってくると、やはり革製の見開きタイプが無難かつ最良の選択かもしれません。
 あまりに個性的で、目立ちすぎるのもビジネスシーンには不向き。
 目立つことより、革製のしっかりしたものをチラ見せしたほうが好印象でしょう。
 当日のベルト、靴の色目に合わせ、クロ・チャを使い分けるとなおさらポイントは高いと思います。


 先日、あらためて名刺交換をしたスキルアップの仲間が持っていた名刺ケースはまさしくそのタイプで、おそらくクロの光沢感からすると、コードバン製かもしれない。

「かっこいい名刺入れですね」
「会社員時代から使用しています」

 わたしには名刺より?名刺ケースの印象が残っている。
 しかも偶然にも、その仲間本人のブログによると、名刺そのものもリニューアルするらしい。
 新名刺+革製名刺ケースで最強兵器か!?

 これだけ言っておいて自分は、

どこかの百貨店でもらった、アルミの安っちい名刺ケースだ
 
 新しいスーツや靴の前に買うべきものがあった。今週末買いに行こう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。