全てを変える。今すぐ変える。自分を変える。
  い つ も ご 覧 い た だ き、 あ り が と う ご ざ い ま す !

本 日 も、 ワ ン ク リ ッ ク 応 援 お 願 い い た し ま す m(__)m


                           ↓  ↓  ↓
                         にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
           
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   桐野夏生女史の原作、「東京島」映画を観に行ってきました。
この先、ネタバレです。ご注意を。

 何というか、原作は以前のブログにも書いたが、桐野ワールドを十分に堪能できる
強さと激しさに満ちた中々の秀作であった。

 なんですが、予想通りというか、映画はどうもいかん。
いや、原作と比較しないようにと思っても、やはりダメ。

 冒頭に蛇の皮を引き裂くシーンがあるのだが、原作はあの手の極限状態での
サバイバル本能剥き出しシーンが満載なのだ。

 おそらく、主人公の清子というはっきり言って、さえない中年おば・・・失礼しました
中年女性がオンナ1名オトコ多数という、異常事態の中でくりひろげる逆ハーレム世界も
サバイバル本能剥き出し描写のひとつかと。

 映画ではまったくもって、さっぱり、すっきりな感じで。何ともうす~く、かるい感じです。
性描写も蛇だのトカゲを捌き食らうシーンを生々しくスクリーンに映すのは、土台無理があるのでしょう。
ほんのさわり程度のシーンはあったけど。

 清子の夫が、変貌していく自分の妻と男達の交わりをのぞき見する、何とも胸がつかえるシーンもなし。
忌々しく、狂おしい心境。映画では、あっという間に夫は死んでいきました。
 その変貌ぶりはまさしく肉食系女子への変貌です。進化? 体毛が濃くなり野性を増幅させていく姿。
 まあ、その後島での立場は女王様から凋落し、孤独にサバイバルを繰り広げますが。

 夫のケンタッキーへの渇望ぶりなどの描写もなしです。
「自分も無人島に流れ着いたら、ビッグマック食べたいとか言うかも」とか想像しながら読みました。

 そんな中、強烈な印象だったのは、

  エルメスのスカーフだ。

 いやあ、もう旗になったりスカートにドレスに代用できるし、赤ちゃんをくるんだり、大活躍でございます。
なんて、便利なんだろう。2,3枚買わないと・・・てならないか。

 そう、旅には・・・エルメス。てか。 ベルトは欲しいかな(笑)

 
 しかし、東京島でも映画にがっかりするわたしのような者がいるのに、ノルウェイの森の
映画化は大丈夫なんだろうか。
 個人的には、あの小説は×だけど、ファンが多いからなあ。思い入れの深い読者が多いでしょう。

 映画化は大変ですね。


           ☆


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
もう1つお願いです。応援クリック、本日まだのかたはぜひポチッと(^_^;)
    ダウン
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。